カードライン:動物編

ボードゲーム「カードライン:動物編/Cardline: Animals」の紹介で、ルールの概略を説明しています

”当作品の画像の著作権は、
 Frédéric Henry氏、Asmodee社に帰属します”

邦題 カードライン:動物編
洋題 Cardline: Animals
作者 Frédéric Henry
作者の作品 ・インベンターズ (2016)
・古代の建築士たち (2015)
・中世の建築士たち (2013)
・カードラインシリーズ
・タイムラインシリーズ
など
国内取扱メーカー ホビージャパン
発売年 ・原作 2012
・日本語版 2014
定価 2376
プレイ人数 2 – 8
BGG ベスト人数 4 (推奨: 2 – 7 )
プレイ時間 15
対象年齢 7 以上
BGG プレイ感 1.18 / 5
BGG 評価 6.6 / 10
BGG 全体ランキング 1652 / 約13000
BGG ジャンルランキング ・ファミリー: 437 / 約1500
BGG カテゴリー 動物、カードゲーム、教育
BGG メカニズム
その他要素 クイズゲーム、動物博士、ムツゴロウさん

※上記データは 2017/07 時点 最新BGGへ

 

 

ボドゲというよりクイズゲームです

似ているボドゲだと「ファウナ」でしょうか

ただファウナよりも馴染みのある動物が多く、私は8割くらいは知っている動物でした(正式名称までは勿論知りませんでしたが)

 

 

このような様々な動物が描かれたカードのみを使います

絵がとても綺麗で、動物好きにはたまらないです

 

 

 

表面は動物の名前と絵柄だけが描かれていて、

 

 

 

 

 

裏面の下部には、クイズの答えとなる平均全長・平均体重・平均寿命が書かれています

 

 

 

 

各プレイヤーに表面で5枚ずつ配り、手元に並べておきます

場に1枚だけ、裏面で置きます

残りは山札です

これで準備完了

 

 

ゲーム中は、手持ちのカードを場に並べていくのですが、ゲームの目的は手持ちカードをいち早く出し切ることです

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲームの流れ

まず、スタピ が今回のゲームのお題を決めます

お題は、平均全長・体重・寿命のいづれか1つです

お題を宣言したらゲームスタート

ゲーム終了となるまで手番が巡り続けます

 

手番では、手持ちカードから1枚を場に出します

場札の右左どちらかに置きます

 

 

 

 

ゲームが進むと場札が多くなってくるのですが(場札は全て裏面)、その場合は右端・左端でもいいですし、どこかのカードの間でもいいです

 

 

 

 

続いて、出したカードをめくってみて答え合わせをします

お題の値が左から右へ昇順になっていれば正解です

 

 

 

正解なら、出したカードはそのまま残り(カードの間に出したなら横一列に整列させる)、手番終了です

 

 

 

 

不正解なら、出したカードは捨て札になり、山札から1枚引いて手元に並べ、手番終了です

 

 

 

 

 

 

手番を続け、いち早く手元のカードを出し切ったプレイヤーが動物博士となって勝利し、ゲーム終了となります

 

 

ルールはこんなところでしょうか