センチュリー:スパイスロード

ボードゲーム「センチュリー:スパイスロード/Century: Spice Road」の紹介で、ルールの概略を説明しています

”当作品の画像の著作権は、
 Emerson Matsuuchi氏、Plan B Games社に帰属します”

邦題 センチュリー:スパイスロード
洋題 Century: Spice Road
作者 Emerson Matsuuchi
作者の作品 ・センチュリー:スパイスロード (2017)
など
国内取扱メーカー アークライト
発売年 ・原作 2017
・日本語版 2017
定価 4320
プレイ人数 2 – 5
BGG ベスト人数 - (推奨: 2 – 5 )
プレイ時間 30 – 45
対象年齢 8 以上
BGG プレイ感 1.80 / 5
BGG 評価 7.5 / 10
BGG 全体ランキング 614 / 約13000
BGG ジャンルランキング ・ファミリー: 93 / 約1500
ストラテジー: 340 / 約1600
BGG カテゴリー カードゲーム、経済
BGG メカニズム カードドラフト、デッキ構築、ハンドマネジメント、セットコレクション
その他要素

※上記データは 2017/07 時点 最新BGGへ

 

 

中量級寄りのゲームにしてはルールがとっても簡単で、ゆるい デッキ構築 + リソースマネジメントのゲーム

スパイス交易が盛んだった時代で、私達もその波に乗っていこうよ、というテーマ

 

 

ゲーム終了時に 勝利点 がより多いプレイヤーが、ケチャップトースターです

・・・あ間違えたトップトレーダーです

勝利点要素は次の3つです

 

勝利点1: 勝利点カード

このような勝利点カードが、

 

 

 

 

 

場に5枚並んでいます

残りは山札です

 

 

 

 

スパイスであるキューブがお金のような役割を果たしますので、

 

 

 

 

 

勝利点カードの下に描かれたキューブをコストとして支払うことでそのカードを獲得できます

このカードの下部の数字が、終了時に得られる勝利点です

ほぼこの勝利点カードを獲得する為だけに奔走する事になります

 

 

 

 

勝利点2: 金貨、銀貨

この世界では、お金は物を買う為ではなく、勝利点の足しにしかなりません

金貨、銀貨の所持枚数に応じて、終了時に勝利点が得られます

因みに、金属製なので質がGoodです

 

 

 

 

 

勝利点3: キューブ

キューブの所持数に応じて、終了時に勝利点が得られます

 

 

 

 

ゲームの流れ

ゲーム終了するまで手番が巡り続けます

手番では、次の4つの アクション から1つを実行して手番終了となります

 

アクション1: 勝利点カードの獲得

場の勝利点カード1枚を、そのカードに示されたキューブをコストとして支払って獲得し、手元に伏せて積みます

 

 

 

 

空いたスペースは左へ詰めるように、

 

 

 

 

 

ずらし、

 

 

 

 

 

右端のスペースに山札から1枚補充します

 

 

 

 

 

実は場の勝利点カード5枚の中の左端のカードの近くには金貨、その右隣りのカードの近くには銀貨がどっちゃりと積まれています

どちらかのカードを獲得した場合、その近くにあるお金1枚も一緒に獲得します

つまり、左2枚には追加の勝利点が付いているのです

更に、金貨と銀貨はそこまで多くないので、取り合いは激化します

しかも所持キューブの上限10個で、且つ公開情報なので、「宝石の煌き」のように他プレイヤーの所持キューブをよく確認する必要もあると思います

 

 

 

アクション2: 商人カードを獲得する

このような特殊効果をもたらす商人カードが、

 

 

 

 

 

場に サプライ として6枚並べられています

 

 

 

 

 

ゲーム開始時には全員同じカード構成の手札が渡されています

 

 

 

 

 

場の商人カードを1枚獲得して手札へ加え、

 

 

 

 

 

コストとしてその左にある各商人カードの上に1個ずつキューブを置いていきます

キューブの色は関係ありません

 

 

 

空いたスペースは左へ詰めるように、

 

 

 

 

 

ずらし、

 

 

 

 

 

右端へ山札から1枚補充されます

 

 

 

 

 

もし、獲得する商人カード上にキューブが乗っていた場合は、そのキューブも一緒に貰えます

 

 

 

 

 

 

 

アクション3: 商人カードをプレイする

手札から商人カードをプレイし、

 

 

 

 

 

カード左上の効果を解決して、

 

 

 

 

 

個人用(自分専用の)捨札置き場に置きます

カードの効果は、「キューブを得る」や「キューブを違う色に交換する」などたったの3種類しかなく、変わった効果は特にありません

プッチンプリン!

・・・あ間違えたとってもシンプル!

 

 

 

アクション4: 惰眠……じゃなくて休息

個人用(自分専用の)捨札置き場の全カードを取り、

 

 

 

 

 

手札へ加えます

手札上限はなく、また、手札を使い切らずとも休息アクションができますので、デッキ圧縮などは考えずともよいです

 

 

 

 

 

 

以上の4つのアクションから1つを実行して手番終了となります

手番を続け、誰かが規定枚数の勝利点カードを獲得したら間もなくゲーム終了です

勝利点がより多いプレイヤーがケチャップトースターです

・・・あ間違えたトップトレーダーです

え?もういいって? 失礼しました

 

 

ルールはこんなところでしょうか